スポンサーリンク

unknown(アンノウン)第2話!考察・伏線・ネタバレまとめ!虎松の過去は?父親がトラウマになっている?意味深セリフで謎が多い!

テレビ

テレビ朝日系の完全オリジナルドラマ『unknown(アンノウン)』の気になるシーンや伏線、考察をまとめます。
注目の考察系ドラマです!秘密(unknown)を抱えた男女の愛を描き、究極の愛を問う本格ラブ・サスペンス。第2話についての、考察、などをまとめます。

スポンサーリンク

ドラマ『unknown』

高畑充希×田中圭、初共演にしてW主演! 秘密(unknown)を抱えた男女の愛を描き、究極の愛を問う本格ラブ・サスペンス『unknown』

『おっさんずラブ』チームが5年ぶりに集結!完全オリジナル作品で新境地に挑む!!
5年の時を経て訪れる惨劇――。愛し合う2人が凄惨な事件に巻き込まれていく…

コメディと、シリアスとサスペンスのバランスが抜群でオススメの新ドラマです!

Twitter

結婚して夫婦となる2人の周りに不吉な血痕が飛び散っている、美しくも不安な将来を暗示するかのようなこのビジュアルは、≪本格ラブ・サスペンス≫という本作の世界観を表現したデザインとなっています。2人の≪究極の愛≫の行方、そして不穏な連続殺人事件の結末は…?

■キャスト:高畑充希、田中圭、町田啓太、麻生久美子、吉田鋼太郎

スポンサーリンク

≪第2話≫『unknown(アンノウン)』あらすじ #2/愛することは信じること―?

 降りしきる雨、走ってくる男性。その姿は必死に誰かを探しているようで…。
 地面に倒れて動かないウエディングドレス姿の女性。血まみれの手には結婚指輪が光っている。その女性は、闇原こころである―。

 「あのね、私吸血鬼なんだ―。それでも、好きでいてくれる?」
 誰にも言えない自らの秘密を、恋人の朝田虎松(田中圭)に告白した闇原こころ(高畑充希)。すべてを理解し、受け入れて、深いキスを交わした2人は、ついに結婚への階段を駆け上がる―!

 …と思いきや、なんと虎松が「実は吸血鬼」というこころ決死の告白を、冗談だと思っていたことが発覚。「何の喩え?」「そういうキャラで行きたいってこと?」など軽く笑い飛ばされ、全然伝わってねえ!とこころは絶望。「婚約解消だよ!」と泣き叫び、こころはその場を後にする。

 翌朝、同僚の週刊誌カメラマン・加賀美圭介(町田啓太)に「結婚って難しい」と愚痴をこぼすこころ。一方、気まずい雰囲気のまま帰路についた虎松は、交番勤務中にネットの百科事典サイトで「吸血鬼」を検索し、頭を抱えていた。思い返せば日傘をいつも差していたし、ニンニクも嫌がっていたし、怪力だったような…いや、んなバカな!
 そんな混乱冷めやらぬ虎松のもとに、なんと突然、こころの母・闇原伊織(麻生久美子)から電話が。虎松は伊織に命じられるがままに、初めてこころの実家・闇原家を訪れることに…。

 たどり着いた闇原家。お城のような外観に、焚かれた松明。恐る恐る足を踏み入れると、そこには床に広がる血、ぶら下がる蜘蛛、鎮座する棺桶。あまりの恐怖に絶叫する虎松だが、更には棺桶から突然、クラシカルな吸血鬼スタイルのこころの父・闇原海造(吉田鋼太郎)が出現し…!?

 そんな中、平和なはずの春陽町で不可解な殺人事件が発生。 公園で首筋から血を抜かれた女性の遺体が発見されたのだ。現場に駆けつけた虎松に、先輩警察官・世々塚幸雄(小手伸也)は「5年前の未解決連続殺人事件と手口が似ている」と告げる。遺体を見つめるうち、虎松は徐々に息が荒くなってゆき―。

「夫婦になるとは、違いを受け入れること―?」
そういえば彼女に会うのはいつだって夜で、
そういえば十字架のネックレスあげた時は、即投げ捨てられて、
そういえばニンニク料理を作ったときも、即投げ捨てられて、
君は吸血鬼で、僕は警察官で、今追っているのは“血を抜かれた連続殺人事件”で。
ねえこころ、あまりにも違う君と僕は、“夫婦”になることなんて、できるのだろうか?

 知らない事(unknown)に溢れたこの世界で、果たして虎松とこころは分かり合えるのか―?

ラブストーリーの中で未解決連続殺人事件に巻き込まれ、その遺体が「血を抜かれている」という奇妙な犯行・・・
原作のないドラマオリジナルになります。

相関図

話数が進むにつれて変わる可能性があるので参考として。

  • 闇原こころ(30)/ 高畑充希 週刊誌のエース記者
  • 朝田虎松(35)/ 田中圭 春陽町交番勤務の警察官
  • 加賀美圭介(30)/ 町田啓太 『週刊熱波』のカメラマン
  • 世々塚幸雄(50)/ 小手伸也 交番に勤務している警察官
  • 五十嵐まつり(38)/ ファーストサマーウイカ 春陽商店街の「わっしょいクリーニング」の店主
  • 闇原漣(26)/ 井上祐貴 闇原家の長男でこころの弟
  • 五十嵐大五郎(18)/ 曽田陵介 まつりの高校生の息子
  • 庭月聖夜(33)/ 長田成哉 居酒屋「どんぞこ」の店員。庭月源治の息子
  • 南十字初(45)/ 新納慎也 本庁捜査一課の警部
  • 曽我眞一(58)/ 石川禅 春雨出版『週刊熱波』の編集長
  • 庭月源治(60)/ 酒向芳 居酒屋「どんぞこ」を営む店主
  • 今福梅(75)/ 木野花 駄菓子屋「うめぼし堂」の店主。通称“梅ばあ”。
  • 闇原伊織(55)/ 麻生久美子 国民的ニュースキャスター。闇原こころの母
  • 闇原海造(65)/ 吉田鋼太郎 ナイトドクター。その正体は吸血鬼。闇原こころの父
スポンサーリンク

『unknown(アンノウン)』第2話!考察・伏線まとめ!

闇原こころ・加賀美圭介の2人のシーンからスタート!

闇原こころ・加賀美圭介が、仕事で同行しているところからスタート!
こころが、プロポーズをされたことを報告。

「日常系プロポーズ。枝豆婚。おめでとー。」と仲良さげな2人。
ご祝儀にガーリックチキンを渡す加賀美に、こころは「わたしにんにくダメなの。」という、何気ないやり取り。

加賀美圭介は、こころが吸血鬼であることを知っているようにもみえる?

商店街のみんなに『闇原こころ・朝田虎松』のプロポーズOKが広がり、祝福される!しかし・・・

虎松のプロポーズのうわさはすぐに広がり、居酒屋「どんぞこ」に集まるメンバーたちに祝福される。
闇原こころ・朝田虎松は、新居を探している。
新居の条件として、こころは、日当たりが悪い場所など、吸血鬼らしい理由を出すも、虎松と意見が食い違う。

結婚式についての2人の温度差

  • 虎松は、おれ2回目だし・・・。結婚って決めること多いよな~。とややめんどくさそう?
  • こころは「ナイトウェディング」がいい♡などと希望に満ちている様子。

虎松は、こころが「吸血鬼キャラ」で行きたいと勘違いしている・・・

こころは1話で吸血鬼であることを告白したにもかかわらず、虎松には「本当の吸血鬼」であることは伝わっていなかった。吸血鬼キャラだと思っていたようです。

吸血鬼キャラ(何かの例え)だと思っている虎松
料理はにんにくがダメ、結婚式は夜じゃなきゃダメ、チャペルの十字架もダメ?『吸血鬼キャラ』で行くなんてめんどくさい・・・と思っている虎松。

→ここで改めて『本物の吸血鬼』だということを告げる。
そして虎松はこころを「そういうキャラで行きたいわけ?」と茶化すと・・・こころは「婚約解消だよ」と出て行ってしまう。

その後、虎松は、こころが『マジで吸血鬼』ということを受け止めるため?ネットで吸血鬼について調べ始め、悩んでいる様子。
(※世々塚の3番目の奥さんは、結婚式当日に「男性だということ」をカミングアウトしてきたけど、結婚して、数年後相手の浮気で離婚したとのこと。⇒要するに、夫婦になるんだったら、相手の言い分をちゃんと受け止めろ。とアドバイス。)

unknown(アンノウン)の世界での吸血鬼について
  • にんにくの匂いをかぐと吐き気がする。食べると、牡蠣にあたったような状態になる。
  • 人間の血を飲む。
    美容のためにも1日2リットル。専用サイトで売れ筋ランキングから選んで購入している。
    虎松にかぶりついて飲んだりはしない。
  • 十字架は苦手でムズムズする。
    ネックレスの十字架も苦手・・・虫が苦手なのと同じ感覚。
  • 富士山のぼって、初日の出でも見る?→こころ「殺す気?」
  • 怪力
  • 真夏にアウトドアをしたら大やけど
    太陽にずっとあたっても灰にはならない(※ネットのデマ)
  • 吸血鬼にかまれても、眷族にならない
    蚊に刺されても、蚊にならないのと一緒(※ネットのデマ)

虎松・世々塚が巡回

虎松・加賀美が巡回していると、公園でスプレーで落書きしている若者(まつりの高校生の息子?)たちが・・・世々塚が追いかけるも逃げてしまう。
そして、女性遺体が発見されて、殺人事件が発生する。
虎松には闇原伊織(こころの母)から電話にて、自宅に招待される。

血を抜かれた連続殺人事件が平和な街に訪れる・・・

5年前、栄海町で起きた3件の連続殺人事件と犯行の手口が似ているという。

女性の遺体を見た虎松は、過去のことを思い出している様子・・・(1話で走馬灯を見た時と同じような映像)

虎松が『闇原こころの実家』に行く

実家に行き玄関を入ると、血だまり(八甲田山のおいしい血)が・・・そしてドラキュラの格好をしたお父さん・・・

お父さんは、こころの結婚に反対している様子で、虎松を追い返す。
追い返された虎松は、伊織(母)に連れられて、吸血鬼の生活を見させられる。

こころが泣いていたのを心配して、サポート!

伊織は夜の仕事でライフスタイルに合っていた、ニュースキャスターを選んだという。また、BTSに合えるかもしれないという動機もあるようです。
虎松に吸血鬼のことを知ってもらうため、自宅に呼んだが、ちょっと刺激が強かったため、自分の生活を見させようと考えているようです。

吸血鬼に限らず、世の中は自分の知らないことであふれている。
それを恐れて嫌って排除する?歩み寄って知ろうとする?虎松が、そんなこころのことを、歩み寄って知ろうとするなら、伊織は応援する。たとえ虎松の正体がナメクジとしても。というスタンス。

五十嵐まつりのクリーニング屋へ

まつりが、梅婆に店番を頼んだ際に、ヘルメット被った人が『血の付いたタオル(大豊祭のプリント)』を渡してきたという。
名前も名乗らず出ていたようで・・・事件と関係がある?
血の付いたタオルは警察で預かることに。

『週刊熱波』は、殺人事件について吸血鬼の特集を組むことに。

オカルト好きの編集長の意向で、殺人事件について、犯人は吸血鬼だと断定して特集することに。
こころ・加賀美は、暴露系ユーチューバーの取材をすることに。そして張り込みへ・・・

こころが、加賀美に悩みを話す。

  • 結婚って、難しいよね。こっちが真剣に話しているのに、茶化される。
  • 加賀美はちゃんと聞いてくれる。けど、虎松は聞いてくれない。

そんな二人の張り込んでいる車の横を虎松が通り、加賀美がクラクションで気付かせる。(加賀美のにスパス?加賀美はやや寂しそうな表情?)

虎松は、こころが吸血鬼ということを理解しようとして、仲直りする

こころは「やっぱり(吸血鬼だから)結婚できないって話?わたし、婚約解消って言ったじゃん。こういうの全然慣れているから、気にしないで。こうみえて結構モテるから。わたし虎ちゃんのこと・・・」と最後まで話す前に、虎松がキスをしてとめる。

虎松「ごめん。なにもわかってないのに、勝手に勘違いして、ドン引きして、傷つけて。もっと、こころのこと知りたい。ごめん。」

虎松・こころが一緒に、闇原の実家へあいさつに行く

虎松・こころが、お父さん・お母さんに「こころさんと、ご両親のこともっと知りたくて。」と挨拶。お父さんは、人に対して警戒心も強い&こころの彼氏ということもあり、ありえないと、その席を立ってしまう。

虎松はお父さんのもとへ

席を外してしまったお父さんのもとに行くと、棺の組み立てセットを作っている。それを虎松も手伝うことに・・・そして作業しながら徐々に仲良くなる。

伊織(母)&こころはリビングで会話

伊織は虎松とこの前「吸血鬼の取説と恋の多様性について」話したと伝える。寅松は、知ろうとしてくれて素敵だったとのこと。

伊織「ママもいまだにパパのこと全部わからないし」
こころ「分からなくてもやっていけるもの?」
伊織「パパの分かっている部分は、すごい素敵だしね。全部を理解するなんて逆にあるのかしら?虎ちゃんにも、こころの全然知らない顔があるかもしれないよ~」

虎松の前の結婚生活、前の奥さんについて話す2人。
でも、そのことについて、こころは何も知らないという。

4人でご飯の準備をする!

闇原家で、餃子パーティーを開催。
ニンニクが好きな虎松のためには「人間用のニンニク入り餃子」を作ることに。闇原一家は、ニンニクなしで調理する。

虎松&お父さんは餃子を包みながら会話。虎松は、吸血鬼についていろいろ質問をする。

  • 吸血鬼は不老不死?→ファンタジー
  • 鏡に自分の姿がつらない?→ファンタジー
  • 血を飲まないと死ぬ?→リアリティ
  • 空を自由に飛ぶ→ロマンティック

海造は「虎松のご両親にも挨拶をしないとな」と話すも、虎松のご両親はすでにいないとのこと。棺&餃子作りを通して、お父さんと虎松も仲良くなった様子。

餃子を包むも、お母さんはおっちょこちょいで、ニンニク入りと無しが混ざってしまったよう。
嗚咽しながらも、楽しい食卓を4人で囲む。

虎松の過去の回想(幼少期)

虎松がお父さん?と食卓でご飯を食べたり、キャッチボールをする幼少時代の回想。
そして、ナイフを持って、手が血に染まっているシーン・・・

倒れていたのは虎松の母親?ナイフで刺したのは、虎松の父親?
虎松はそれを幼少時代に目の当たりにしてしまったことがトラウマになっている?

過去を思い出して過呼吸気味になった虎松

虎松は「ぼく、父親だけだったんで、こういう賑やかな家族の場に緊張しちゃって・・・」と嘘をついて、心配する闇原家のみんなに、本当のことをごまかす。

虎松は海造に本心を話し、結婚の挨拶をする。
「吸血鬼であることを信じられなかったし、本当なら怖いと思いました、でもそれは、ネットや人のうわさで、吸血鬼のことを分かった気になっていただけで、目の前にいる、こころ、おとうさん、お母さんも素敵な人で、温かい家族だと思いました。だから、吸血鬼とか人間とか関係なくて、おれは、皆さんと家族になりたいです。こころさんと結婚させてください。」

お父さん「嫌。いやーだー。やだやだやだ。」と駄々をこねる。

こころ・虎松が実家の帰り道に2人の食い違いについて話をしてすり合わせをする

今度改めて、おうちに行くと話す虎松。
こころは「うん。そんとき、弟紹介するね。」

虎松は弟がいることは初耳のよう。弟は、いつも引きこもってゲームしているという。こころもあまり会わないとのこと。

  • (こ)天気のいい日に海に行けないよ→(虎)屋内プール移行
  • (こ)新婚旅行もハワイのビーチとか行けないよ→(虎)ヨーロッパにオーロラでも見に行こう
  • (こ)普段、夜のデートしかできないよ→(虎)共働きだしそんなもんだろ
  • (こ)にんにくマシマシのラーメン食べられないよ→(虎)キスしない日に食べるわ
  • (こ)喧嘩したら怪力でぶっ飛ばしちゃうかも→(虎)それはやめて
  • (虎)クモだけじゃなくてホラー映画も無理→(こ)だっさー
  • (虎)車の運転めっちゃ下手→(こ)だっさー
  • (虎)パソコンとか、機械は全然ダメ→(こ)だっさー
  • 2人の共通点を探してみるが、全く合わない⇒どっちでもいいか。全部同じだったら気持ち悪いもんな、(虎)「どっちでもいい。」

虎松にはまだ、こころに言えない秘密がある・・・

虎松ナレーション「だけど、ごめんこころ。おれにはまだ、君には言えない秘密がある。」

地面に倒れて動かないウエディングドレス姿の女性。血まみれの手には結婚指輪が光っている。その女性は、闇原こころである―。

その続きのシーンが展開する。

そんなこころは意識を取り戻して、正面を見ると指輪を付けた誰かが血を浴びて倒れているのを見て悲鳴を上げる・・・

こころは返り血を浴びただけ?
倒れているのは、虎松?

スポンサーリンク

【次回予告】unknown(アンノウン)第3話

  • 二人の新婚生活が始まる
  • 明かされる夫の秘密
    虎松は自分のことを全然話さない?
  • 動き出した三角関係(虎松⇔こころ←加賀美?)
  • 吸血鬼殺人事件としてメディアも取り上げる?
スポンサーリンク

【unknown(アンノウン)】全話!考察・伏線・ネタバレまとめはコチラから▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました