大病院占拠!第4話!考察・伏線・ネタバレまとめ!院長の奥深い罪とは?神奈川県警本部長は何を隠している?感染症と関係がある?

テレビ

櫻井翔主演!2023年1月期土曜ドラマ「大病院占拠」。日本が誇る大病院を鬼のお面を被った“武装集団”が占拠した・・・!鬼の面を被った謎の武装集団が大病院を占拠するオリジナルのタイムリミットバトルサスペンスで、櫻井演じる休職中の捜査官らが人質の解放を目指して戦う。

第4話のドラマ考察・伏線、気になるシーンなどをまとめます。

スポンサーリンク

「大病院占拠」

日本が誇る大病院を鬼のお面を被った“武装集団”が占拠した…! 医師・職員が人質となる中、休職中の捜査官・武蔵三郎(櫻井翔)が事件に立ち向かっていく。 その人質の中には、妻の姿も。犯人たちの目的とは!? 息詰まる頭脳戦&体力戦の果て、徐々に明らかになる占拠の理由…。 凄腕の捜査官と病院関係者たちが武装集団に立ち向かう姿を描いた、ノンストップ籠城サスペンス!!

スポンサーリンク

≪第4話≫『大病院占拠』あらすじ

武蔵(櫻井翔)は廃ビルでの爆発から危機一髪のところで逃れ、急いで現場指揮本部に引き返すが、青鬼との交渉再開時刻にわずかに遅れてしまう。怒った青鬼は裕子(比嘉愛未)の頭に銃を突きつけ、武蔵に「あること」を問う――国民の視線が集まる中、武蔵の答えは――。

さらに青鬼は、次の標的として人質の中から知事・長門(筒井真理子)を選び、「午後11時5分までに、ある人物の死の真相を突き止めてください。できなければ知事を殺します」――

ある人物とは、4か月前に死亡した界星堂病院の医師で、死因は急性心筋梗塞とされていた。武蔵が調べを進めると、その死の裏に院長・播磨(津田寛治)の名が浮上する…。

そんな中、人質のひとり、佐渡(阪田マサノブ)が不穏な動きを――。やがて武蔵はある駆け引きを鬼に提案し、再び青鬼と相まみえることになる。しかし、実はそこには鬼の大きな狙いが潜んでいて…。

そして――新たに明らかになる鬼たちの正体!
息つく間もない衝撃の第4話!!

第4話予告で気になるシーン

  • 青鬼が正面入り口に表れて、武蔵と人質交換?
    ⇒解放される人質は、秘書と、その他相関図に掲載されていない4名?
  • 青鬼の狙撃の命令が下る
  • さらに、桃鬼・灰鬼が面を外す?正体が判明する?⇒因幡はその顔を盗撮する?
  • 安芸の薬がなくなったことが発覚。薬を取りに行くという計画より、人質たちが動き出して鬼に反撃か?⇒佐渡が脱走する?
  • 娘(えみり)を保護。しかし、病院の外にはもう1体の鬼が・・・

もう一体の鬼(紫鬼)

第4話の際の相関関係図

第3話と同じです。
話数が進むにつれて変わる可能性があるので参考として。

このほかに人質として作業員、周防あかりという女性も一緒に監禁されています。

スポンサーリンク

『大病院占拠』第4話!考察・伏線まとめ!

鬼たちは、武蔵の爆発に巻き込まれる姿を見て・・・『こいつにはもっと苦しんでもらわないとな』とつぶやく。
因縁は?そして、武蔵刑事の妻の「裕子」が仮の人質に。

青鬼は武蔵に対して執拗に『奥さんのこと愛しているか?』と質問する。そして、『2人は別居しているそうですね。どうしてそんなことになったんですか?』と、答えるのを嫌がる武蔵に、妻の命を人質に質問を投げかける。

武蔵と妻の関係

1年前の事件で、人を殺した武蔵。それ以来、手を付けられないほど荒れて、妻と娘を気つけた・・・と102万人の配信で懺悔する。青鬼は「言葉にすることは大事です。大切な人はいついなくなるかわかりませんから。」と話す。

青鬼が武蔵に執着する理由は?

次の人質は『長門 知事』?

11時5分までに甲斐正美さんの死の真相を暴く。
第3話でマネキンが着ていた白衣のイニシャルは『甲斐正美』のものと判明。

緑鬼は長門知事に「いずれすべてわかる。」と話す。
鬼たちが明かそうとしていることが真の目的?→知事・院長・神奈川県警が絡んでいる?
感染症と何か関係がある社会的な罪を公表しようとしているのか?

甲斐正美40歳。感染症の専門医。死因は急性心筋梗塞。担当医は土佐。

逮捕された土佐に、『甲斐正美』の死について聞き取りを行う。

4か月前に、何者からか脅されて「甲斐正美の死亡について急性心筋梗塞」にしろと脅されていた。
実際は、筋弛緩剤による他殺。背後から注射を刺されたらしい。

播磨院長と口論などの因縁があり・・・
また、『甲斐正美』は桃鬼と友人?関係があるようです。

人質たちの状況は・・・

安芸が薬が着れて倒れる・・・佐渡によって隠されたインシュリン注射・・・そして橙鬼に掛け合って、佐渡と若狭が倉庫へ薬を取りに行くことに。→しかし、裕子が若狭は薬の知識が浅いということで自分が行くと提案して『佐渡・裕子』が人質から離れ、薬を取りに行くことに。

鬼たちは薬を取りに行くことを許可する。
鬼たちは安芸に死なれると困る?ように見える。

『佐渡・裕子』は倉庫へ

佐渡は、橙鬼に対して注射をうち脱走する。
裕子は倉庫に監禁される。→そこに因幡が来る。

スポンサーリンク

『百鬼夜行チャンネル』配信の時間に!(11時5分)

甲斐正美の死に関係があるのは『桃鬼・灰鬼

武蔵の要求で今回の件の対象の犯人が違うため、人質を知事から『院長・秘書』に交換する。

院長は、以前から甲斐正美と激しく口論していた。
甲斐正美が倒れた時間に、警察は院長の車がその場所で停車していたことを確認した。

院長はその時間秘書とご飯を食べていた証拠がある。→その写真は偽装されていたものであることを武蔵刑事が推理して言い当てる。

秘書と院長は不倫関係。そして真実は?
甲斐正美を殺したのは秘書。(院長が殺そうとしたが失敗して、それを補助するように石見秘書が注射をさして殺した。)
院長は秘書とともにアリバイを作った。
院長は土佐に「心筋梗塞と診察するよう」脅迫の電話を掛けた。

秘書の動機は、甲斐正美が不倫に気づき公表しようとしたため。

武蔵はすべての人質を解放するよう要求するが、鬼たちには認められない。そして、武蔵は「代わりに自分が人質になる」と申し入れる。
武蔵と引き換えに、4人の人質を解放する。→青鬼は武蔵に「あなたとは、つのる話があります。」と話す。この2人の関係は?

『桃鬼・灰鬼』は懺悔させたがまだ目的を果たしていないと話す。本当の目的は?

因幡・裕子は・・・

裕子は因幡から、出口はどこも封鎖されていること、病院内にはあちこちに爆弾が仕掛けられていることの情報を得る。

裕子は因幡に、「私はいい。人質の中に薬が必要な人がいる。早く鬼と戻らないと。早くいって。」と因幡を逃がす。そして因幡には鬼たちの場所(3Fのスタッフステーション)を伝える。
そして裕子は、佐渡と若狭が脱走計画を練っていたことを気づく。

やや気になる点
裕子は、3Fのスタッフステーションに鬼たちがいると断定できたのは?
「人質の中に薬が必要な人がいる。早く鬼と戻らないと。」は正義感から?それとも他に、人質の中に自分もいないといけない理由がある?

逃げた佐渡は・・・

橙鬼から逃げ切るも黒鬼に殴られて捕まってしまう。

武蔵刑事と人質交換に。

武蔵刑事は正面入口より人質交換を実施。
青鬼・桃鬼・灰鬼が正面玄関へ。秘書・その他4名の人質が解放される。

院長は解放されない。甲斐正美が告発しようとしたことは、まだまだ奥深いことだそう。それを聞いた備前本部長は「こいつら・・・今すぐ制圧するんだ。」と強行に出るよう指示する。

神奈川県警本部長・播磨院長の間で何か知られてはいけない罪がある?
丹波(警備部管理官)も何か知っている?

人質解放後に、青鬼は警察に肩を撃たれる。
そして警察と鬼たちで銃撃戦に。

和泉の指示で銃撃戦が終わるも・・・

青鬼に扮していたのは身代わりの「佐渡」
鬼側は誰も無傷の状態であることが気らかに。佐渡は脱走した罰として身代わりになったそうです。

武蔵の娘「えみり」は・・・

ホテルを抜け出して公園に。しかし行く先々で、大人たちに武蔵の娘だと指をさされる。
警察(相模)により娘は保護されるも・・・その背後に新たな鬼(紫鬼)が・・・

えみりは誘拐されてしまう。

青鬼は、裕子・武蔵刑事に「あなた方夫婦には罰が必要ですね・・・親のしりぬぐいをさせられるなんて、気の毒なお嬢さんですね。」

桃鬼は佐渡の撃たれた際の返り血を浴びて錯乱している様子

トイレで吐き気を催す桃鬼。それを看護する灰鬼。
桃鬼はパニック状態に。

桃鬼・灰鬼がお面を外す。
2人の正体と、親子であることが判明。

灰鬼は、1話で殺されたと思っていた「常陸先生」と判明。

第5話の予告の気になる点

  • 「えみり」は冷凍庫に監禁される→1時間が限界?
  • 佐渡は青鬼の身代わりで撃たれて、死へのカウントダウン。手術が必要な状態。
  • 警察側の人間が医者に扮して潜入捜査
  • 因幡が鬼に捕まる。→桃鬼・灰鬼の正体を取った動画を使って鬼たちを脅す。
  • 鬼たちが揉める。桃鬼は「あいつ完全におかしくなっている」とはなす。あいつとは青鬼?橙鬼?
  • 第5話で残りの鬼の正体が明らかに

武蔵夫妻は罪を犯した。これは2人に対する罰だと青鬼は話す。親のしりぬぐいをさせられる?えみり。

4話でも嵐の小ネタが充実!

大病院占拠「百鬼夜行」まとめはコチラから▼

【大病院占拠】全話!考察・伏線・あらすじ・ネタバレまとめはコチラから▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました